カップル必見、停滞期の乗り越え方、こうすれば新鮮さが戻る!!


停滞期を迎えたカップルの方、必見です。恋愛の停滞期を乗り越える秘訣を紹介します。

人間は慣れる生き物であり、飽きる生き物です。なので、恋愛がはじまり、1年や3年などの節目で停滞期が訪れます。たかが停滞期、されど停滞期ですが、カップルにとっては大問題です。

しかし、停滞期を恐れる必要はありません。殆どのカップルに起こることであり、男女愛の絆を深めるチャンスとも言えます。

停滞期を乗り越えることで、相手への理解度が増し、より絆が深まります。今回はカップルに訪れる停滞期の乗り越え方をご紹介します。

停滞期の始まりって、どんな感じ?

どのカップルにも停滞期は訪れます。

「停滞期はどんな時に感じるの?」

まず、デートが終わった後にマンネリを感じることがあります。

デートの後、「あれ?この前までは、さよならするのが辛くて、寂しい気持ちになったのに、それが薄らいでいる…」と感じることがあるかと思います。

また逆に、デートの前に感じることもあります。「この前までは、待ち合わせ場所へ向かう途中、ワクワク、ドキドキしていたのに、それがなくなっている…」

「デートが楽しくない…盛り上がらない…」とデート中に感じるカップルもいます。

喧嘩をしたとか、嫌いになったとか、そうでないのに虚空感を感じたら、それは恋愛の停滞期です。そのまま放置せずに、対策をしましょう。早期発見、早期対策が大切です。

恋愛の停滞期に有効な対策をいくつか紹介します。

デートパターンを変える

恋愛の停滞期を感じたら、まず試してみたいのが、デートのパターンを変えることです。

デートコースを色々と変えてみましょう。二人とも行ったことのないところへ行くか、初体験のことにチャレンジしてみましょう。刺激的なことを選ぶのがポイントです。

インドア派のカップルがアウトドアに挑戦したり、アウトドア派のカップルがインドアに挑戦するのも良いでしょう。

何か流行りのものを体験してみるのもオススメです。ネットや雑誌などで、刺激的な体験の出来るデートを選択しましょう。

自分磨きをする

お互いが自分の魅力を高めることも大切です。男性であればジムへ通い体を鍛えるのも良いでしょう。女性ならファッションやメイクを変えり、ダイエットに挑戦してみましょう。

男は男らしいさを磨き、女は女らしさを磨きます。双方が魅力を高めることで、お互いが相手の新しい魅力に気付き、出会った頃の新鮮さが戻って来ます。

さらには、外見だけでなく内面も合わせて磨くと効果的です。男性は強く、女性は優しくを心掛けてください。精神面を磨くことで人間力も育ちます。

会う回数を減らしたり、距離をとってみる

頻繁に会っていたり、頻繁に連絡を取り合っているカップルであれば、その回数を減らしてみる方法があります。

相手と距離を取ることで、相手の存在価値も確認できます。

電話やLINE、デートの回数を減らせば、相手に会いたいという気持ちが湧いて来ると思います。付き合い始めた頃の新鮮さが戻って来ます。

共通の目標を設定する

これが一番効果的な手段だと思います。また、結婚を意識した時に使う手段とも言えます。

将来の目標を立てましょう。例えば、新築の一戸建てを持とうとか、温泉付きのマンションを持とうなどの目標です。

そこまでいかなくとも、憧れの海外へ行ってみるとか、一緒にショップを開店させようといものでも良いかと思います。

2人で築き上げる「何か」を持てたら、鬼に金棒です。停滞期なんて無縁になります。また、仮に停滞期が来ても、比較的楽にそれを乗り越えて行けるでしょう。

相手の嫌な部分に意識を向けない

また、恋愛の停滞期をむかえる頃というのは、相手の嫌な部分も気になる時期です。

停滞期でマンネリを感じている上に、相手の嫌な部分を重ねてしまうと、相手との関係にヒビが入ることもあります。些細なことで喧嘩し、小火が大火事に発展することさえあります。

なので、停滞期に限っての話ではありませんが、相手の欠点に目を向けるのはやめましょう。

他人と過去は変えられません。全ての人間関係は、相手を変えられないこと知る学びとも言われています。

相手の欠点ではなく、長所を見るようにすると、良い関係を長く継続できます。

まとめ

どんなカップルにも恋愛の停滞期が訪れます。停滞期が来たら、それをマイナスと考えずに、プラスに捉えましょう。停滞期を乗り越えることで、二人絆を深めることも可能です。

デートパターンを変えたり、相手と距離を取ってみたりと工夫をすれば、再び新鮮さ戻って来ます。二人共通の将来の夢を持てば最強のカップルになれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です