1000円を返さない男に100万円貸す件について【駄目男の断捨離】


幸せになれない女性には共通点があります。それは、幸せになれない男性を選ぶことです。

スピリチュアルカウンセラーという仕事がら、恋愛相談を沢山受けます。すると、色々なことが見えて来ます。「幸せになりたい」と恋愛の愚痴をこぼす女性の共通点も見えます。

例外なく、幸せになれない女性は駄目男を掴んでいます。

こちらが「えーーっ」と思う選択をするので、びっくりです。「その男を選んでも、幸せにはならないのに~」と思いますが、しかし、その人にはその人の学びがあります。

私は助言までで、最終的に決めるのは、その女性自身です。決めた以上、なんらかの答え出すまで、その学びをするしかないのでしょう?必要以上に余計な口出しもせずにいます。

男にお金を貸したら駄目!!

宇宙の陰陽の関係から言えば、男性は女性の反対側にいて、鏡のような存在です。なので、第三者的にみれば、女性のことは良く見抜けます。

これは女性にも言えることで、第三者的にみれば、女性は男性の反対側にいるので、男性のことを見抜きやすいと思います。

男性から女性の行動を観察していると、理解に苦しむことがあります。それは面白いように駄目男を選ぶところです。

「その男と結婚しても幸せにはなれないよ!」と言いたいですが、言っても無駄で、その男を掴んで、苦しむまで気が付きません。

例えば、こんな感じです。

お金にルーズな男性がいます。

日常的に「直ぐに返すから1000円貸して!」と言います。しかし、女性が1000円を貸しても、お金を返した試しがありません。

もし、この男性が「100万円貸して!」と言ったら、貴方はどうしますか?

お金は命の次に大切なもので、簡単には貸しません。

しかし、幸せになれない女性は貸してしまいます。「1000円は返さないけど、100万円なら返すはず!」「彼もいつか変わってくれる!」と都合の良いように考え、貸してしまいます。

お金の話は一例ですが、恋愛でこれと同じことをやってしまいます。

駄目男との縁切りをすることが幸福への第一歩です

幸せになりたければ、こういうタイプの男との縁を切ることです。こういう男と縁が出来るということは、貴方の中に甘さがあるからです。男への「情」か「依存」があります。結婚願望がある女性もいます。

でも、幸せになりたいのなら、駄目男との縁を徹底的に切る、つまり人間関係の断捨離をすることです。

人間関係の断捨離は勇気のいることです。しかし、ここを乗り越えない限り、女性は幸せな結婚出来ません。

「貴方を幸せにする男」は誰の周りにもいます。その男を選ぶ審美眼を持つことです。

かっこいい、お金持ち、社会的な地位がある、私が面倒をみなきゃ…などの思いは厳禁です。

そうではなく「この男性となら、どんな苦労しても力を合わせてやっていける!!」という基準で男性を選ぶことです。

離婚した女性が選んだ男性は?

先日、ある女性が恋愛相談に来られました。彼女は離婚し、再婚をしようとしています。

私はこの女性が離婚する前から知っています。散々、元旦那のことを聞かされていました。少し前から別居しているのも知っていました。

「どうしても合わない…」「一緒にいられない…」というので、「その気持ちは分かります」と言っていました。

その女性は「私なりに色々と学んで、子供も巣立つので、旦那を卒業します。」と言っていました。

そこまでは良かったのですが、再度、選んだ男性を見て、がっかりしました。どこから見ても、女性を幸せにするタイプではありません。

私は「やめた方がいい」と言いましたが、女性は「いずれ一緒になるつもりです」と言います。

きっと、元旦那との学びを完全に終えることなく、逃避してしまっていたのでしょうね?

その続きをするような感じです。

恋愛相談を受けていた私は、かなりがっかりしました。

でも、仕方ないですね。

離婚や恋愛で悩んでいたら、そこから逃げては駄目です。しっかりと自分の置かれている状況と向かい合ってください。そして、そこから逃げるのではなく、そこに隠れている学びに気付き、それをクリアすることですね。完全にクリアすることです。

そうすることで、目の前の壁は自然と崩れます。

まとめ/h2>

男性の普段の行動を良く見ましょう。「小さな約束を守るかどうか?」そこを見ると良いですね。お金を借りて返さない男が、女性を幸せにするはずがありません。客観的に男性をみて、女性を幸せにする男を見極まる審美眼を養いましょう。

女性が幸せになれるかどうか、それは男性を選ぶ時点で80%は決まっていると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です