男性がツインソウルの女性に気づく時


ツインソウルの男女は再会のタイミングが来ると出逢います。これは陰と陽のエネルギーを強く秘めた男女が、お互いを強く引き合うからです。

プラスの磁石とマイナスの磁石が引き合うように、宇宙エネルギーの作用で出逢うようになっています。その再会を避けることは出来ません。

そして、相手と逢った瞬間に、お互いがツインソウルだと気付きます。光を見たり、閃きが起きるなどし、相手が魂の片割れだと明確に分かります。

そして、男性も女性も宇宙の導きを受け、同一のミッションに取り組むことになります。いくつもの試練をクリアすることで、魂の波動レベルを高め、ツインソウルの統合へ向かいます。

また、ツインソウルとの再会を体験する男性も女性も霊的な覚醒を済ませているので、自分のことも、相手のことも、深い部分まで見えています。

なので、相手と出逢うなり全てを見通し、自然な流れの中で、ツインソウルの統合へ進みます。

ツインソウルは再会した瞬間、お互いが魂の片割れだと気付く

説明したプロセスがツインソウルの再会です。よって、ツインソウルの男性が、ツインソウルの女性に気付かないということはありません。

もし、ツインソウルかと思える男性がいて、女性の存在に気付かなければ、その男性はツインソウルではありません。きっぱりと見切りを付けましょう。

ツインソウルでない男性が気付くのを待ったり、その男性を追いかけるのは、時間の無駄であり、お互いにマイナスです。

必要以上にツインソウルに執着を持つことは、ただの恋愛依存です。現実逃避の何ものでもありません。なので、ツインソウルに拘るのは止めましょう。

重要なので、もう一度言います。

ツインソウルの二人は強烈に引き合うので、現実の中で必ず出逢います。そして、出逢った瞬間にお互いがツインソウルだと気付きます。これが宇宙の真理です。

ツインソウルの女性に勘違いされた体験

私はある女性から「貴方は私のツインソウルです。新しい生活を始めましょう。」というようなメールを1年以上、毎日のように貰いました。

その女性との面識はなく、「メールを出さないでください。迷惑です。警察へ訴えます。」と返事をしても、1年間迷惑メールが続きました。完全なネットストーカーです。

後半は、この女性からのメールは全て無視していました。そして、1年くらいして、ふとメールフォルダに目をやりました。不思議と気になり、このメールを見てみると「貴方がツインソウルでないことが分かりました。さようなら。」と書いてありました。

私だけに限らず、こういうパターンが物凄く多いと思います。同じような話を沢山聞きます。

はっきり言います。

ツインソウルだと思っている殆どは偽ツインソウルです。そして、女性の勘違いである場合が殆どです。

ツインソウルと出逢うような魂は高い波動を有した魂です。そして、地球にはそういう魂が少ないのが現状です。地球はまだ低次元の惑星なので、ツインソウルと出逢うようなレベルの魂は殆ど存在しません。

なので、ツインソウルに必要以上に執着しないことです。ロマンチックやメルヘンを感じるのは分かりますが、偽ツインソウルを追いかけること程、人生の無駄はありません。

ツインソウルの男性が女性に気が付かないことはありません。そんな鈍感なツイソウルは存在しません。

ツインソウルの男性は覚醒しています。特に洞察力に優れ、透視も使えます、なので、ツインソウルの女性が身近にいて、気付かないことはありません。

もしかしたら、片思いかも知れません。

「私に気付いて!」と思う対象の男性がいれば、一種の片思いかも知れません。その気持ちを無にすることはありません。まずは、自分を向かい合い、本当の気持ちを確かめましょう。

貴方は気付いていないかも知れませんが、その男性に好意を持っています。恋愛に発展する可能性も秘めています。

ツインソウルではなくて、通常の恋愛だと捉えて考えてみましょう。そうすることで相手のことも良く見えるし、自分のことも良く分かります。

本当の自分の気持ちが確認出来たら、少し距離を縮めてみても良いです。ツイソウル理論に当て嵌めない方が素敵な恋愛が出来ます。

ツインソウルの再会は自然に起きる

ツインソウルの再会は自然に起きます。意識してない時に起こることが多いと思います。ツインソウルをあまり意識しない方が良いと思います。

ツインソウルに拘ると、大概が道を間違えます。偽ツインソウルの追いかけることになります。

それよりも一日一日を大切に生きて、楽しんでください。一日を心から楽しんでいれば、その楽しさの波動が、幸福な出来事を引き寄せます。その幸福な出来事の1つがツインソウルとの再会です。

ツインソウルとの再会を追いかけるのではなく、1日を楽しむ意識が重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です