あるがままの自分を愛する人に幸運はやって来ます。


あるがままの自分を愛する人に幸運はやって来ます。これをしっかりと理解してください。

自分に魅力がないと思っている人が多いですが、それは、そう思うように自分で暗示をかけているからです。

貴方は憧れの誰かになろうとしていませんか?

あるがままに生きていないと、芸能人、スポーツ選手、有名人、理想の誰か、憧れを自分で決め、「あの人みたいになりたい」と思います。

しかし、貴方は貴方以外の何者にもなれません。他の誰かが、貴方の呼吸を変われないように、貴方は貴方以外にはなれません。

「あの人みたいになりたい」という考えはナンセンスです。貴方の話し方、ファッションセンス、美的センス、仕事力、感性など、貴方は貴方独自の魅力があります。

その魅力に磨きをかけることで貴方は輝きます。もう一度言いますが、自分を愛さない人に幸福は訪れません。あるがままの貴方を愛することが大切です。

自分という素晴らしい価値を自らが認めよう!!

幸せになりたいのなら、まずは自分の持っている価値を認めましょう。外形、性格、特技、才能、センスなど自分の価値と向かい合い1つ1つ認めて行きましょう、幸福体験はそこから始まります。

絶対にやってはいけないのが他との比較です。他の誰かと自分を比較して「自分は劣っている」「自分は駄目」と勝手な判断をするのをやめましょう。

貴方は貴方のままで何の問題もありません。あるがままの貴方を受け入れてばOKです。あるがままの自分を抱きしめてあげましょう。

あるがままに生きていると、貴方は輝き始めます。他の誰もが放てない輝きを放ちます。

貴方は貴方色に輝けば良いのです。そこに他の色を混ざれば、貴方らしさが消えてしまいます。

あるがままの貴方を生きましょう!

恋愛もあるがままに

恋愛も「あるがまま」が大切です。貴方は違う色で輝くことは出来ません。貴方色に輝けば良いのです。

そして、恋愛で大切なことは、貴方の置かれた状況も、あるがままに受け入れることです。恋愛には試練が付き物です。その試練を全て受け入れましょう。

多くの人は試練から逃げようとします。試練から逃げれば恋愛は上手く行かなくなります。甘い言葉を投げかけてくる偽物を掴みます。

恋愛の試練は、二人の魂の波動を高めるためのものです。そこから逃げてしまえば、二人でいる意味が薄れてしまいます。

試練がやって来たら、逃げずに二人で力を合わせて立ち向かいましょう。それが二人が輝くための選択です。

恋人と別れても平気!!

恋愛試練は、時には恋人との別れだったりもします。別れは辛く悲しいものです。ですが、自分が輝くためには、別れも体験しなければなりません。

別れの辛さに耐える体験は、自分を強くしてくれます。

どんな辛くても、人生には別れがあります。打ちひしがれ、お先真っ暗の経験をした方もいるかと思いますが、そんな時に嘆き悲しむだけでなく、「その人に出会えて良かった。」と感謝の気持ちを持つことです。

その感謝の気持ちが、貴方の命の根を伸ばし、貴方を大きくしてくれます。人間が飛躍に成長することができるのは、自分が傷付いている時でも感謝できたり、他人の幸福を祈ることができた時です。

なので、恋人との別れが訪れたら、その相手と出逢うことができたことに感謝し、相手の幸福を祈りましょう。

それが「あるがまま」を受け入れた姿です。

「あるがまま」と「わがまま」は違う!

時折、「あるがまま」と「わがまま」を勘違いしている方がいます。この2つは全く違います。

「あるがまま」とは自らの欲望を取り除き、全てを受け入れた姿です。一方、「わがまま」はその方の欲望そのものです。

恋愛も人生も「あるがまま」が大切です。欲望を捨てて「あるがまま」に行きましょう。

「あるがまま」に生きていると恋愛運が高まり、運命の出逢いを引き寄せます。

運命の出逢いを追いかければ偽りの恋愛を掴みます。運命の人と出逢いたければ、欲望を捨てて、「あるがまま」に生きてください。

人生で一番大切なこと

人生で一番大切なことは、自分が自分であることです。瞬間瞬間自分であり続けることです。あるがままでいることの「美しさ」に気付いてください。あるがままでいる「楽しさ」を体験してください。

そこには愛があります。制限をかけられた苦しい状態でなく、宇宙の愛があります。神は、貴方を癒しなさい、愛しなさいと言っています。

快適を求めたら駄目です。快適を求めるから不快になります。あるがままでいることが一番快適だと気付く時が来たようですね!!

快適や美を求める価値観を捨てて、どうぞ、あるがままを選択してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です