ツインソウルと音信不通、再会できる?再会を早める方法!!

「ツインソウルと音信不通です。いつ再会できますか?」という質問を女性から受けました。

結果からいうと、再会の時期は分かりません。それぞれがまちまちです。ただ、ツインレイとの再会を早めることは出来ます。今回はこのあたりのお話をします。

音信不通になっているツインレイとの再会の早める方法

「ツインレイとの再会は運命で決まっていて、変えられないものですか?」

運命はありますが、宇宙は自由意志で動いています。未来は変えられます。

「音信不通になっているツインレイとの再会の早めるためにすべきことはなんだと思いますか?」

ただ待っていても何も動きません。

彼氏いない歴が長いアラフォー女性の婚活に例えてみましょう。

この女性が「私はいつになったら、結婚できますか?」と貴方へ聞いてきたら、なんと答えますか?

その答えはこんな感じですか?

「それは分かりません。運命もあるでしょう。ただ言えるには、貴方が外見も内面も磨き、婚活サイトに登録するなど前向きに行動すれば、神様もサポートしてくれるはずよ!きっと良い結果が出ますよ!」

ツインレイの男性との音信不通問題も、これと同じだと思います。

自分を磨きながら、前向きな姿勢で行動すれば、運命が良い方向へ動き始めます。

ツインソウルを特別視しない方が良いと思います。

また、ツインソウル理論の第四ステージにサイレント期間(停滞期間)があるという概念を持っているなら、それを捨ててください。

私の見解をいうと、サイレント期間は実際はありません。サイレント期間を感じているなら、貴方が創り出している妄想です。

サイレント期間などはなく、そこには一般の男女の出逢い→恋愛成就があるだけです。その過程で2つの歯車が噛み合わず、空回りをしています。

空回りしたままでツインソウル理論に当て嵌めるから、男性からの連絡がなかったり、恋愛成就へ向かい運命が動き出さないのだと思います。

ツインソウルの恋愛も一般の恋愛も基本は同じです。男女が出逢い、お互いに惹かれ合い、男女の絆を深めていきます。

その過程で相手を知り、自分を知ってもらい、二人の繋がりを強めて行くことです。

はじめから、運命の相手と決め付けて、二人の繋がりを強めることを無視するツインソウル理論を持ち出しても、何も動きません。

ツインソウルだからと特別なことはありません。

ツインソウルとの再会を望むと偽ツインソウル騙される。

ツインソウルの男性と女性の歯車が噛み合わない原因の多くは、出逢いにあります。

ツインソウルとの出逢いを意識していると、どうしても偽ツインソウルを掴んでしまいます。

一般的に、男性は女性と出逢った瞬間が一番ボルテージが高いものです。そして、その後はボルテージが下がって行きます。

男性はボルテージが下がると、その女性からの連絡がうっとうしく思います。音信不通となります。

私もチェイサーという女性(偽ツインソウルです)にかなりしつこく追いかけられました。「私は貴方のツインソウルでないし、メールを出さないでほしい」と頼んでも、毎日の様にメールが来ました。

内容は「昨晩、霊的に私のところへ貴方がお見えになり、迷惑です」というものから「今度、お会いしてツインソウルの儀式をしましょう」というものまでありました。

こちらから見れば「?????」です。「精神異常者じゃないか?」と思うくらいです。

この女性が私のことを、どのように勘違いしたかは知りませんが、言えることは、最初のボタンから掛け違えているということです。

もし、根拠のないツインソウル理論を鵜呑みにし、覚醒を目指しているなら、大きな勘違いです。恋愛の基本を外して男女が意気投合することはないし、覚醒もありません。

いくら男性を追いかけも、男性を待っても事態は動かないでしょう。

まずは現実と向かい合ってください。貴方の今直面している恋愛での自分の立ち位置を確認してください。

良く知りもしない男性を追いかけてれば、ストーカー行為と一緒で、音信不通になるのは当たり前のことです。

もし、相手の男性が音信不通なら、ツインソウルなのか、偽ツインソウルなのかを、はっきりさせるタイミングです。

そう思ってアクションを起こしていけば、停滞している現実が動き始めると思います。

今、貴方がすべきことは、真実に目覚め、自分の立ち位置を明確にし、相手がツインソウルか、偽ツインソウルかをはっきりさせるためにアクションを起こすことです。

そうすれば、宇宙が動き、ツインソウルの男性との音信不通が解け、再会が現実したり、偽ツインソウルに気付いたりと、具体的な何かが現れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です