コロナ禍で、ツインレイのサイレントの嘘が明確になった!!


コロナの第一波が終息しかけ、「これでコロナも少し落ち着きそうだ」と思っていたところ、第二波らしきものが襲ってきました。

全国でコロナ感染が急速に広がっています。

国は「GOTOキャンペーン」を実施していますが、正直、軽い気持ちで外出などできません。外出自粛を継続しています。

出かけても近場ですかね。

さて、ツインレイのお話しをします。

ツインレイにはサイレント期間というものがあり、ある時期にあると、ランナーが恋愛から逃げます。連絡が取れなくなるといいます。

でも、今回のコロナでその辺り「嘘」が分かって来ました。

今のご時勢のキーワードは、

【リモート】です。

リモートワークやリモート飲み会などが広がっています。

携帯やパソコンを使ったネットワークが構築されているので、誰もが手軽にリモートを使えます。

わざわざ出向いていかないので、ある意味、コミュニケーションが楽です。

リモートが楽にできるとなれば、「今は忙しい…」なんていう理由で、女性との連絡を取らない男性の嘘が分かります。

連絡なんて、取ろうと思えば取れます。

ツインレイの恋愛で、相手の男性が取らないのには理由があるということです。

一般的な既婚男性の心理をご紹介します。

男性は出逢う女性に興味を持ちます。

自分のストライクゾーンであれば、先に進もうとします。

その女性が自分に興味を抱いていれば、進みやすいものです。

一気に女性との距離を縮められます。

この状況を女性から見ると、

どんな感じのでしょうか?

気になる男性と出逢いました。

ちょっと話して見たら、良い感じです。

男性の方も気になっているのが分かります。

心を開いたら、恋愛のようになりました。

そして、会食をしたり、デートをする場合もあるでしょう。

LINEなどのSNSで頻繁に連絡を取り合うこともあるでしょう。

そんな関係を続けていると、

「もしかしたら、私のツインレイかしら?」

と確信に変わるタイミングがします。

その時、既婚男性は、どんなことを感じているのか…

「そろそろ、潮時だ~。深みに嵌る前に手を引こう。」

と考えます。

ツインレイのサイレント期間とか、分離期間というのは、

男性が「そろそろ、潮時だ~」と感じる時です。

そんな時に連絡を入れても、返信はありません。

返信があっても、その場しのぎのものでしょう。

連絡をしてこない男性を待つのは馬鹿げたこと

コロナ感染が広がり、

デートができないカップルもいることでしょう。

しかし、

リモートでの会話は容易です。

毎日のように電話するカップルもいます。

今、話し放題の格安プランもあれば、LINEだって使えます。

お盆時期の帰省だって、

リモートでリモートを活用しているご時勢です。

リモートを使えばコミュニケーションが取れないということはありません。

男性の気になる女性がいれば、どんな手段を取っても連絡をします。

なので、連絡がないということは脈がないということです。

その男性を待つことは馬鹿げたことです。

待っていないで、ツインレイ理論の嘘に気付くことです。

まとめ

ツインレイのサイレント期間中の男性の気持ち「そろそろ、潮時だ~。深みに嵌る前に手を引こう。」です。既婚男性の本能です。コロナがツインレイ理論の嘘を暴きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です